英国を代表するアウターウェアブランド
「マッキントッシュ」の
トータルウェアコレクションを展開する
「マッキントッシュ ロンドン」。
今季のレディスは、トラディショナルなスタイルに
今年らしさをプラスしたノーブルな装いを提案。
クラシックで品があり、どこかゆとりを感じさせる、
大人の女性に最適なアイテムが揃います。
動画で着用感をチェック!

トラッドスタイルの代表的アイテムの一つ、紺ブレ。着心地にゆとりがあるストレートシルエットのブレザーは、程よくお尻までかかる丈感も今年らしい。高密度なネイビーのウール生地に、パールのような光沢のあるメタルボタンが上品に輝き、エレガントさを添えています。インナーはフリルブラウスで女性らしく、ボトムはデニムで70年代を彷彿とさせる「ボンシック」なスタイルに。

ブランドオリジナルで織り上げている「ギャバジン19」の生地を使用した最新トレンチコートは、細身のシルエットの定番型「ロージー」を今季らしくリモデル。少しゆとりを持たせた着心地ながら、パーツはシンプルに仕上げているので、年代を問わずすっきりとスタイリッシュに着こなせます。インナーはカジュアルでもフェミニンでも、最後にトラッドテイストに仕上げてくれるのがトレンチコートの魔法。

英国らしいチェスターコートをマッキントッシュ ロンドンが、大人の女性向けにアレンジ。肩のラインが程よくダウンしているから、肩なじみが良く、シルエットも女性らしく決まります。ロロ・ピアーナ社のウール生地は、ふんわりとして贅沢な風合い。二色の糸をブレンドしているからこそ出る豊かな紺色は、ノーブルな気品を漂わせます。パンツ合わせならマニッシュに、スカート合わせならエレガントに。袖を通すと実感できる仕立ての良さと、英国由来の伝統スタイルを新鮮な気持ちで楽しんで。